ワダツミクエスト

DQ10をただひたすら楽しむブログです!

キーエムブレマー

f:id:wadatyumi:20180918232225j:plain

引くくらいドラクエをしています。

この画像じゃ全然分からないと思いますが、連休はほとんど引きこもってひたすらクエストを消化し続けながらたまに泣く機械と化していました。

機械もそりゃ泣きますわ。あんな感動的な話されたら。

引きこもった僕を見ながら親も泣いていますが僕だって同じくらい泣いています。

つまりこれは・・・winwinですね?

 

所持しているキーエンブレムは全部で9個。おそらくあとひとつでコンプでしょう。

レベルは本日付で65まで上がりました。

 

僕基本的に、ブログは今日ないし昨日プレイした出来事を、

ただそのまま日記みたいに書き残すスタイルでやっていきたいのです。

 

「今日は○○を狩りました、楽しかったです」みたいな、

毒にも薬にもならなそうなコナミカンのブログを目指すので、

早く現状のゲーム進行とブログの進行をシンクロさせるのが急務。

 

というわけでキーエンブレム取得のイベント感想は、ざざざっとまとめていきます。

それでも一応ネタバレになる可能性はありますので、ご注意ください。

 

 

キーエンブレム・緑編

f:id:wadatyumi:20180918233200j:plain

悪を倒せと俺を呼ぶ!

聞け、悪党ども!

 

 

f:id:wadatyumi:20180918233239j:plain

彼の名はダストン!

最高に癒しの王!

 

 

f:id:wadatyumi:20180918233320j:plain

ポイックリン出てくるたびにおぱんつ様を見せてて罪深いキャラだなって思いました。

後々プレイしてると分かるんですけど、この人の中身が知的な学者さんっていうのも、

そんなお堅い人がこんなハレンチな格好してるって思うと物凄く感情が揺さぶられます。られました。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918233553j:plain

とにかくこのダストンという人が斬新というかなんというか。

これもまたヒューザとは別の意味で人気ありそうだな~って感じのキャラですよね。

ぶつくさ言いながらも最終的には手を差し伸べちゃうような世話焼きなとこが似てる。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918233916j:plain

ゼルダっぽいボス。

ここのダンジョンはものすごく遺跡遺跡してて、探索楽しかったなー。

全体的にドラクエぽくないシナリオやキャラ陣だったと思うんですが、

そこ含めてガタラは浪漫と親子愛に溢れた物語だったと思います。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918234228j:plain

ポツコン。僕、どうしてもこの人が出来損ないとは思えないんですよね。気が効くし。

ダストンが見つけた、気に入ったポンコツは、全部何かしらの用途や価値があるものばかりみたいなので、ダストンはガラクタが好きと言うより「異常なほど見る目がある」んじゃないかなって思ってます。

 

一見して人がゴミだと思って捨てた物の中から、使える物を無造作に拾ってしまう。

そういう能力の持ち主なんでしょう。

だからポツコンも何かしらで有能なドワーフなんだろうなって僕は思ってます。

 

 

キーエンブレム・ツンデレ

f:id:wadatyumi:20180918234757j:plain

 

 

f:id:wadatyumi:20180918234809j:plain

フウラちゃんがカワイイ。

それ以外に何か語る必要があるだろうか?

 

1+1という数式を答えるのに、2という答え以外の途中式が存在しないように

このアズランのクエストはフウラちゃんがカワイイ。という回答以外の式は不要。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918235141j:plain

ただ愛で続けろ、道中ひたすらカワイイだけのフウラちゃんを。

 

 

 

f:id:wadatyumi:20180918235218j:plain

豪腕。

怪獣とめっちゃ互角に張り合ってるフウラちゃんの腕力、それすら愛おしい。

あとケキちゃんは形状記憶合金で出来ている。おそらく。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918235618j:plain

感動のフィナーレもただただ見守る。

やや遠巻きに見守り、彼氏ヅラしながら「アイツ、やるじゃん」みたいなこと呟く。

これでアズランのクエストは100%読者にその魅力を伝えきれたと断言できましょう。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918235919j:plain

ただこの衣装、お母様も着てたらしいんだけど、

お母様が着たらとんでもないミニスカにならないかとか、そういう心配だけが静かに脳裏をよぎった。

そんなアズランのクエストでした。

 

 

キーエンブレム・ギャグ編

f:id:wadatyumi:20180919000258j:plain

終始ドラクエっぽい話だった。

 

 

f:id:wadatyumi:20180919000440j:plain

よく分かんないけど、たぶんスクエニのゲーム開発者は男オーガをギャグキャラだと捉えてる節あると思う。駅のキモータ間違えたギオータさんとか見るに。

 

 

f:id:wadatyumi:20180919000641j:plain

この取っ組み合いのシーンだけこんだけ気合入れてるのは愛のなせる技なのかもしれない。

 

 

f:id:wadatyumi:20180919000735j:plain

ボスとかすごくかっこいいのになー。

男どものくんずほぐれつですっかり影が薄くなってしまってるのがちょと残念です。

 

 

f:id:wadatyumi:20180919000831j:plain

見てこれー、超幻想的じゃないー?

こんな綺麗な場所を訪れた5分後に見せられるのがパンツレスリンなんだぜ?

感動を返して欲しいよ僕は。

 

 

5つのキーエンブレムを集めたぞ!

f:id:wadatyumi:20180919001307j:plain

これで5つの町を巡り、キーエンブレムを5個集めたわけですが、

実はこのアストルティア、5つの種族、それらが住む5つの街・・・そこからさらに、5種族それぞれの首都とも言うべき5つの城があるんです。

 

まだまだキーエンブレム探しの旅は終わらない!

・・・わけなんですが、ストーリーの感想編ばかりやっててもつまらないので、次回から別の話も書いていこうと思います。

明日は今まさに旬の話題をお届けしましょう、お見逃しなく!

  

 

 

一応モチベにしようと思ってますので面白かったらポチお願いします!

 

 

 

送信テストをかねて

f:id:wadatyumi:20180918122756j:plain

こんにちは、ワダツミです。

ブログを毎日寝る前に書いて更新するのを密かな日々の日課にしていて、

今日の更新はすでに終わっているんですけど、ピングーの自動更新とやらの設定をさきほど行ったので、正常に動くかテストしたくて今この記事を書いてます。

 

どうやらはてなブログでは、ピングー送れないらしいんですよ。なんか。

僕ピングーが何なのか一切分からないんでふわっとした言葉だけでなんとか乗り切ろうと今必死なんですけど、とにかくブログ側の機能だけではピングー送れないらしく、外部ツールさまに一任させる必要があるらしいです。

 

それで必死にぐぐって一応設定はしたんですけど、

そこのサイトが全文忌まわしき毛唐の言語だったもので

常に英語の成績2だった僕にはまったく出来てるかどうかの保証がなく・・・。

こうやって実際に更新して確かめてみようという腹です。

 

なんでこの記事はいわば本編に一切関係のないぷち更新。

画像も一応撮ったはいいけど特に使いどころがなさそうなヤツをチョイスした

とにかく誰も得しない記事になっています。ご容赦ください。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918123715j:plain

児戯

 

まあでも、こういうの見ると全年齢対象のゲームなんだなぁってほっこりします。

オンラインに対する敷居を少しでも下げようとする開発の苦心が見てとれる。

 

オンラインゲームって敷居高いっていうかなんか怖いじゃないですか。

「なんか怖い」。理由もなく証拠もなく、でも、なんか怖い。

 

これが日本におけるイメージ先行の悪しき習慣であり、

食わず嫌いしやすい日本人の悪いとこだと思うんですよ。

やらずに決め付けて否定する。

ネットのアンチといわれる存在も半分くらいはやらずに否定してますからねアレ。

 

ま、僕もオンラインゲームに対しては否定的ではなかったんですが、でもやっぱり「なんか怖い」んで今までやってなかった。

ドラクエ全シリーズやってて10だけやってない人たぶん沢山いると思うんですけど、大半の人が「なんか怖い」から手をつけてないんだと思うんですよね。

 

実際さわってみて、勿体ないよなーと思ってます。今は。

ドラクエ10ドラクエしてますよちゃんと。

 

オンラインゲームにドラゴンクエストを落とし込んだんじゃなくて

ドラゴンクエストにオンラインゲームを融合させた感じ。

 

オンゲありきでなく、ドラクエありきなんですね。

この違いってかなり大きくて、この辺の話はまたいつか本更新のときじっくり語りたいと思ってるんですけど、

 

「オンラインゲームのドラクエ」ではなく「ドラクエのオンラインゲーム」として徹底的に作られていること。

そこにメリットデメリットはあるでしょうけど、僕はこのドラゴンクエスト10というゲーム、『ドラクエとしてオススメ』したい一作です。

 

 

とにかくやること多いんで、早速アストルティアに戻ってまた遊ぼうと思います!

今日は休みだー!キーエンブレム全制覇行きたい!

 

 

 

一応モチベにしようと思ってますので面白かったらポチお願いします!

 

 

 

キーエンブレムって、なくても困らない。

f:id:wadatyumi:20180917233413j:plain

今更かもしれませんが、前回のオルフェア回で書き忘れたことを一つ。

正確にはキャラを新しく作り直したので、

二回目のオルフェアクエやってるときに思ったことなんですけど。

 

画像の地図の黄色い三角があるのが、いま僕がいる場所です。

で、ここってサーカスの入り口なんですけど。

その向かい側に、従業員用の裏口があるんですね。

 

どう考えても位置逆じゃない?

 

なんで明らかに人が通るほうの橋の近くの入り口がサーカスの裏口やねんと。

僕は声を大にして言いたい。

普通そこにサーカスの入り口つけるでしょうよ。

 

「えーっとこのクエストは確かサーカスに入ったら始まるからさっさと中に入って、っと・・・ってこっち裏口じゃん!」

 

ってのが2回くらいあったんですけど、これ絶対開発の設計ミスですよね。

こういうあまりにも小さなミスにも僕はねちっこく追及していくぞ。器が小さいからな。

スクエニ覚悟せよ。

 

 

キーエンブレム狩り

f:id:wadatyumi:20180917234426j:plain

キーエンブレムを集める。それが冒険者ワダツミの目的です。

なんでかっていうと7つ集めると願いが叶うからです。嘘です。

 

この世界ではとりあえず若者は年頃になってイキりだしたら、みんな突然キーエンブレムを集めだすらしい。

ポケモンの世界で10歳になったらみんなポケモンマスター目指すみたいなもん。

 

持ってると何か特典があるとかでは別になく、

ただ友達に自慢できるってレベルの、ようはキラカードダスみたいなもんです。

 

だってキーエンブレムを持ってると国王にも色々顔が効くとか言われましたけど

8個持ってる現時点で一切そんなことないからな。

ほんと大人ってウソツキだわ。

 

 

とにかくキーエンブレムって集めてもそんな大した物じゃないんで

それを取得するクエストの流れもわりかし大した感じなく紹介していきます。

とにかく僕は現在のゲーム進行にブログを追いつかせたいんです。

そのとき何思ってたか忘れちゃうんで。

 

 

キーエンブレム・魚編

f:id:wadatyumi:20180917235857j:plain

幼女を囲う悪い大人たち。

どうでもいいけど←の人絶対村でいじめられてるだろうな。肌の色違いすぎでしょ。

ウェディとメロンソーダから生まれたハーフなのかもしれない。

平和な村に当たり前のように横行する残酷な人種差別すら僕が救ってやらなきゃいけねぇ。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918000234j:plain

そら幼女も泣き叫ぶわ。目の前にメロンソーダの子がいるんだからな。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918000338j:plain

最高に格好いい登場で現れたのはヒューザ兄貴。

つい20分ほど前にレベル9の僕でも倒せたくそ雑魚にボロ雑巾みたくされたとは思えない立ち姿。

キズが癒えるのも立ち直るのも早い。さすが兄貴だぜ。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918000639j:plain

食卓に並ぶ猫に目がいって仕方がない。

ものすごい自然に配膳されてる。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918000738j:plain

 なんならメインディッシュが白猫のパイ包みの可能性すらある。

 

とにかく、パイ包みを届けに猫島まで向かいます。おいパイ食わねぇか。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918001205j:plain

あとキンナー調査員がうざい。

 

 

幼女+母性が最近のトレンドらしい

f:id:wadatyumi:20180918001314j:plain

こう、何気なく、すっと幼女の前にでるの、すげえヒューザの兄貴っぽさあるよね。

下がってろとは言わず、自分が前に出て守るの。こういうとこがヒューザ。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918001518j:plain

ふたりの母親の邂逅。

すごいいいシーンでした。

今ならシャア大佐の気持ちも分かるかもしれない。

まさしく彼が求めた母性ある「女性」だと思うんですよね、ソーミャって。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918001846j:plain

でもとにかくキンナーがうざい。

 

 

f:id:wadatyumi:20180918001933j:plain

後光まぶしい村長。

色々あって、キーエンブレムゲットです!

 

 

まああのー、キーエンブレムに関してはこんな感じで

ネタバレなく重要なことを触れることなくそれでいて印象に残ったことをさらっと語っていくような、そういう全体的にふわふわした流れにしていきたいかなと。

かように思います。

 

次回は幾つかのキーエンブレムをまとめて紹介する予定。

 

 

 

一応モチベにしようと思ってますので面白かったらポチお願いします!

 

 

 

ヒューザについてひたすら語る

f:id:wadatyumi:20180916231646j:plain

皆さん、はじめまして!こんにちは!

俺の名前はワダツミ!

このたび、ドラゴンクエスト10のブログを書くことになりました!

 

わぁ~~っ、開始早々、沢山の花束、ありがとうございます!

すごいです、持ちきれなくて花束に埋まっちゃいそう!

皆さんの期待にこたえられるように、これから精一杯、ドラ10の魅力を少しでも多くの方に伝えていけたらいいなって思ってます!

 

頑張ります!

応援シクヨロ!

 

 

f:id:wadatyumi:20180916232153j:plain

って、死んでんじゃないの!

アタシ死んでんじゃないのよ!

 

 

はい、えー、というわけでですね

古のニコ厨にしか分からないすぎるさんのマザー2実況の再現をしたところで

脈絡なく本編の進行に入らせていただきたく思います。

 

改めまして、皆さまはじめまして。

これからウェディでドラクエ10をやっていく、ワダツミという者です。

名前だけでも覚えて帰っていただけたらなと思います。

 

 

ウェディの最初のクエストを進める

f:id:wadatyumi:20180916232651j:plain

以前プクリポの開始ストーリーは見たことあるんですが、そのときは主人公は開始前から既に死んでたんですね。

ああドラクエ10をやっていない方に説明しますと、このゲームは死体を用意するところから始まるので、必ず誰かしらが死ぬことになるんですけど。

 

このウェディ編は、ばっちり殺害現場から物語がスタートします。

画像でいう右のイケメンが今回の殺害の下手人なんですが、彼はイケメンなのでなんとなく無罪になります。

 

 

f:id:wadatyumi:20180916233112j:plain

美少女も庇いたててくれます。何故ならイケメンだからです。

しかしこのゲーム、本当に小学生がプレイしてもいいのでしょうか。

僕はイケメンの罪の処遇よりルベカちゃんのスカートの処遇のが気になって仕方がありません。

 

 

f:id:wadatyumi:20180916233506j:plain

このアングルとかいる?

絶対作ってるほうも黒子のバスケ並の視線誘導狙ってるでしょこれ。

幻のシックスメンいるでしょ絶対開発に。

 

プレイヤーがルベカちゃんのスカートに気をとられているうちに、なんとなく流れでイケメンは無罪になっていました。

これが・・・ミスディレクション・・・!

 

 

ヒューザ、しゅき

f:id:wadatyumi:20180916233822j:plain

などとイジってはみたものの、実際のところ、僕は彼のキャラ気に入っています。

 

恐らく同い年ぽいけど、村でつるんでる若いもん連中の兄貴分というか、

口では面倒くせぇとぼやきながら他人の世話を放っておけないという典型的なモテるギャルゲ主人公タイプ。

キライになれない。

あと単純にカッコイイ。

 

 

f:id:wadatyumi:20180916234252j:plain

なんというか、ひとつひとつの何気ない仕草が、すごい「分かってんなあ開発」って感じする。

一目見てこのキャラ人気あんだろうなってすぐに分かる、そういうジャンルのイケメン。

 

主人公ととあることで競い合うんですけど、結局彼が敗れるんですね。

でもそれは、彼が主人公の事情を汲み取って手を抜いたとかでなく、怪我した女性の介抱をしてたのが理由だったんですね。

この絶妙な敗北理由がいいんですよ!

 

両親を探すため村を出たいと常日頃から言っていた主人公に対して、あくまで情けかけることなく正々堂々と真っ向から勝負して、かつ、「面倒くせぇ」の口癖を言いながら他人を世話して負ける。

 

はい100点。

100点の敗北理由。

ヒューザというキャラを何一つ落とすことなくシナリオの展開上負けさせたことに僕は脱帽せざるを得ない。

 

マジでかっこいいわ、ヒューザの兄貴。

振り返らず、シュッって、あの仮面ライダー響鬼の家電芸人みたいな、シュッってやって背中で語るのマジ最高にイケメン。

そつのないキャラだわー。

マジで惚れました。

 

 

欠点

f:id:wadatyumi:20180916235152j:plain

ただどうしようもなく弱い。

 

そこだけっす、兄貴の欠点あげるとしたら。それ以外100点。

あんなに強そうなオーラ出してたのに意外なほどヒューザは弱かった・・・。

あっさり負けてる。僕がレベル9で倒した雑魚に。

 

 

・・・でもそういう欠点があるのもしゅき☆

なんつーのかな、全部カンペキだったらそれってもうただのイヤミなヤツじゃん。

そうじゃないわけよ、ヒューザの兄貴は。

ここで弱いところを見せておいて、決して完璧超人でないところをアピールすることで、ヒューザってかっこいいけど近寄りがたい存在かも?ってのを払拭させ、親近感と共に女性の好感度を上げているわけです。

 

決して高嶺の花なんかじゃない。

誰もが手が届く弱さも持ち合わせているんです。

 

 

はい20000点。

ヒューザというキャラクター造詣に、100点中2万点あげちゃう。

全てにおいて計算し尽くされている、人気がでないハズがない、強さと時に弱さも併せ持つ男・・・。

ヒューザの動向に、これから注目せざるをえません。

 

別離のとき

f:id:wadatyumi:20180917000404j:plain

マジでここ辛かった。

兄貴と別れるの。だって、今生の別れになるかもしれないんですよ?

いかないで!ってどれだけ叫びたかったことか。

 

でも兄貴は背中で別れの挨拶を告げた。

それって兄貴も辛いってことだよね。

そして、次に会う時は、笑顔で再会するからって、意思表示だよね。

 

分かったよ、兄貴。

何年、何十年先になるか分からないけど・・・。

 

この広いアストルティアで。

いつか、必ず。

 

 

 

再会

f:id:wadatyumi:20180917000813j:plain

兄貴?

 

 

f:id:wadatyumi:20180917000827j:plain

ヒューザの兄貴?

 

 

 

一応モチベにしようと思ってますので面白かったらポチお願いします!

 

 

 

コナンの正体は新一

f:id:wadatyumi:20180915224739j:plain

ドルボードって、すごい便利。

 

ドラクエといえばわけのわからない乗り物でお馴染んでるゲームだと思うんですけど、

ドラクエもナンバリングが10番目ともなるといよいよネタが尽きてくるんでしょうね。

 

堀井雄二も頭捻らせたと思うんですよ。

意外性があって、かつ安易なウケ狙いだと思われない程度のギリギリのラインを。

なんせベッドをすでに使ってますからね。乗り物にベッドを。

ベッドですよ?しかも普通にふよふよ浮いてんの。海も渡る。狂気の沙汰です。

 

で、そのウケと話題性の峠を攻めた結果生まれたのが、このドルボード。

悪く言うとダサいです。これならフリーザが乗ってるポッドにして欲しかった。

 

でもまあこれはこれで乗ってると楽しいんですよ。

目に見えてめちゃ移動速度速いですしね。

ただ僕が言いたいことはひとつだけです。

 

 

f:id:wadatyumi:20180915225657j:plain

プクリポを虐げるな。

常にカカト浮かして乗ってるじゃん僕。

こんな常時カカト浮かしてんのこの世でもあの世でもマイケル・ジャクソンだけでしょ。

 

このドルボのデザインの致命的な欠陥を僕は大いにスクエニに訴えたい。

そもそもプクリポ操縦桿で前が見えていないのでは?

誰に文句言えばいいんだこれは。労基か?

 

 

オルフェアのおはなし

f:id:wadatyumi:20180915230357j:plain

気を取り直して、今日はオルフェアの町のメインクエストの感想を書きます。

まずこの画像の卑猥さだけで4000文字は埋められる自信が僕にはあるんですけど、

それ書いて嫌われない自信がないので、あえて何も語らないでおきます。

 

そもそも根本的にですね、ドラクエ10というゲームは一応何やってもいいし、

その「何やっても」の範囲が尋常じゃなく広いゲームなんですけど、

一応、柱となるメインクエストは存在しているんですね。

 

一日ハウジングに精を出すのも

ただひたすら動画見ながら釣りするのも

モンスター狩りまくってアイテム出るまで粘るのも、

本当にマジで初心者の僕ですら気が遠くなるくらいに沢山やることあるんですけど、

それはやってもやらなくてもいいんです。

 

 

f:id:wadatyumi:20180915231302j:plain

でもメインクエストは、一応やらなきゃ話が進まないので、

これだけがドラクエ10における必須科目であり、逆を言えば何やるか分かんなければ、これを進めるだけでゲームをプレイし続けることができるというわけです。

 

 

メインクエストは最初5つの種族に沿った町のどこからでも始められますが、

プクリポなのでプクリポの町のメインクエストをやろうと思います。

 

 

f:id:wadatyumi:20180915231333j:plain

で、このオルフェアのお話は、サーカスの団長が突然名付けてブラックマジックで子供を全員誘拐するところから始まります。

たまたまその場に居合わせた死神こと江戸田一ワダツミが、華麗にこの事件の解決へと乗り出すことに。

 

キメ台詞は「じっちゃんはいつもひとり!伊達にあの世はみてねぇぜ!」です。

 

 

f:id:wadatyumi:20180915231732j:plain

昼間から子供に混じってサーカスを見ているこの黒い服のおっさんはただのモブです。

本編に一切関係ありません。

 

 

風雲急を告げる怒涛の展開

f:id:wadatyumi:20180915231958j:plain

IQ380の超天才児である僕でさえ見抜けなかった、度肝を抜く驚愕のシナリオ。

まさかただの誘拐事件からリアル悪魔が出てくることになるとは・・・。

 

まあでも、この展開をするなら、町の本棚に「悪魔の伝承」みたいな本忍ばせといて、

契約で子供を全て食べてしまう悪魔がいるみたいな一ネタ挟んでおけば、

この場面で、「あっ、なるほど!」って合点がいったんじゃないかなあとも思った。

 

ネタバラシは全てが終わったあとでされるので、ここの衝撃の場面でプレイヤーが「???」なのはちょっと勿体なかった感じがある。

 

 

f:id:wadatyumi:20180915232737j:plain

見てくださいよ、このワダツミの顔を。

虚無。なにひとつの感情がない。瀬田宗次郎並に笑顔以外の感情が欠落している。

 

悪魔から逃げ惑いながらすれ違いざまに主人公に耳打ちするというこの超王道的展開の中で、一切動じない男ワダツミ。

仮にここで団長が無残に悪魔に殺されても「まあいいか、どうせ志々雄さんの刀だし」みたいなことを平然と言うんだろうな。

 

 

謎は全て解けた

f:id:wadatyumi:20180915233337j:plain

オルフェアのお話は、なんというか、不思議な予言にまつわるストーリーでした。

まあ多分このアルウェってのが絶対後々出てくると思うんですけど、現状では、彼女が一連の事件の黒幕であり、全ての始まりであり、そして終わりでした。

 

出会ったことのないキャラの予言の通りに物語が進行して終わる話なので、今後の前置きというか、伏線としての立ち位置なのかなと邪推して探偵は静かに場を後にします。

 

予言は無事に成就し、オルフェアに平和が戻ってきましたとさ。めでたし。

 

 

f:id:wadatyumi:20180915234203j:plain

うるせえ

 

 

次回から、ウェディ編スタート

f:id:wadatyumi:20180915234303j:plain

以前にも告知したんですが、僕は今現在ウェディでキャラを作り直して、

こっちで遊ばせてもらっています。プクリポは今でも大好きですよ。

プクリポだった頃の感想はひととおり書き終えたので、次回からウェディ編が始まります。

 

 

次回、水葬。

マグロ、ご期待ください。あっ、マグロ状態ってそういう・・・。

 

 

 

一応モチベにしようと思ってますので面白かったらポチお願いします!